いかにして私が健康体になったか?元気に長生きする秘訣を紹介します。80代の日本人医師の体験に基づく健康法

ご挨拶

秦忠世 写真

健康100歳倶楽部主宰
医師 : 秦忠世

私は2015年9月現在81歳、毎日、プールで500メートルをクロールで一気に泳ぎ、1200歩を歩きます。3年前に脳梗塞で下半身不随になった後遺症はどこにも見られません。季節によって、大阪と台湾、ロサンゼルスの家を飛び回る生活を続けています。日本の戦争中に子供時代を過ごした私は、常に栄養失調であり病弱でとても長生きはできないだろうと言われていました。しかし、たまたま医師となり、28歳で病院を設立しました。その後、細菌学者だった兄が開発した乳酸菌を製品化し、家族で飲み続けた結果、脳梗塞からも立ち直り、子供の頃の病弱な姿は陰を潜め、今に至るのです。私を健康体にしたハタ乳酸菌とは一体どのようなものなのか、実験台となった私にどのような変化が見られたのか、このハタ乳酸菌を今後どのように社会に活かそうとしているのか、それについて皆さんにご紹介していきたいと思います。
皆さんの健康で長生きしたいという願いの実現に、少しでも貢献できればこれ以上嬉しいことはありません。

ご覧の通り80歳になった今でも元気に毎日ウォーキング、水泳をしています。

関係機関及びメディア

一般財団法人成研クリニック

一般財団法人成研クリニック 創立者

自然療法研究所

自然療法研究所 創立者

Daily Asia News

Daily Asia News 創立者

ドクター秦の略歴

1959年 京都府立医科大学卒業
1960年 大阪赤十字病院医学実地修練終了
医師国家試験に合格
1964年 汐の宮病院設立
1969年 財団法人成研会 理事長就任
財団法人成研会附属汐の宮温泉病院開設 理事長に就任
1971年 財団法人成研会附属准看護学院を開設 学院長に就任
1980年 ハタクリニックを開設、院長就任
2011年 財団法人成研会 理事長就任

お問い合わせ

ご質問等がある方は以下のフォームに必要事項を記入の上、フォームを送信下さい。

* 必須事項